FC2ブログ

fudoki blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイの電線

RIMG0424.jpg


ハノイ市内の電線の写真です
画像が小さいので分かり難いかも。

市内いたるところでこの状態が見られます。
1本の電柱に四方八方から電線が延びてきて
繋がっています。
その数およそ100本以上、どの線がどの建物
に繋がるのか?どうするんだろう。
ハノイの電気屋さんの技術はたいしたものだ。

この芸術的なまでに美しいごちゃごちゃ、
ホテルのラウンジにこれを描写した絵があった。
やはりこれはハノイの名物なんだ。

ハノイに行ったら是非電気線に注目を!!
スポンサーサイト

HANOI

RIMG0411.jpg


ベトナム最後の都市ハノイに到着。
飛行機を降りたとたんに冷たい風の歓迎を受ける。
ハノイは寒いぞ、って地元の人に聞いていたけど
こんなに寒いなんて、信じられない。
バイクの人はダウンに毛糸の帽子と手袋、
まるで雪国スタイル。
気象予報士として考えた結果、1日中太陽が現れないのだ。
薄曇が続き太陽が顔を出さない。

RIMG0420.jpg


15年前にハノイに来た時に地元の人に連れて行ってもらい
食べた雷魚?辞書を引くと台湾泥鰌のこと、の味が忘れられないで
早速ガイドブックに出ている有名な店に行った。
「Cha Ca La Vong」1階も2階もベトナム人で満員。
観光客はいない、まあでも見ると食べているものはみんな同じ。
空いたテーブルに滑り込み隣の人の料理を指差したら
目的の料理が出てきた。
店のメニュー?のようなものには「Gold Fish」と書いてあったが
まさか金魚は食べないよね。
七輪の上に脂ののったフライパンにターメリックで味付けをした
魚の切り身が入れてあり、香草を一緒に煮る。
他では食べられない美味しい料理だ。
最後にトイレに行ってびっくり、15年前と同じ店だった。
トイレの場所で気が付くなんて。


DALAT

RIMG0382.jpg

ホーチミンのバイク、排気ガス、喧騒から逃れて
ここダラットへやってきた。
ホーチミンから飛行機で45分、1500mの高原にある
町だ。戦争前はフランス人の別荘地として開発された場所で
山の斜面の松林の中に西洋風の建物がある
ホテルは昔の別荘を改装して使っている
Ana Mandara Villas & Six Senses Spa – Dalat
RIMG0336 (16)

部屋の数が20くらいしかないので広い敷地のかなで
他のお客さんとはめったに会わない。
RIMG0336 (3)


今回はベトナムのお正月にあたり、ここでも
夕食はお正月料理だ。
広場に屋台が出て色々な料理が食べられる。
ベトナム料理全席ってとこかな。
ベトナム人は日本人以上に麺を食べる。
屋台を見渡してもご飯よりも卵麺、米麺の
ほうが数が圧倒的に多い。
ぼくとしてもっと熱々で食べると美味しいと思うんだけどな
RIMG0336 (19)


翌日町の北にある海抜が2163mとちょっとした
日本百名山ふうの山に登った。
ランビアン山、この辺りでは有名なところで
正月休みのこともあり大勢の人が遊びに来ていた。
ほとんどの人が山には登らず近くの遊園地で
遊ぶか、軍隊のジープ風の乗り物で連れて行ってくれる
もう一つの低い頂上へ行く。
ぼくらはあえて挑戦、海抜が1500mのところから登るから
高低差は660mそれに斜面が急勾配。
初めは元気のよかったCさんも最後の登りでは
ほとんで前に進まない状態だ。
往復12kを3時間半、きつかったかな?
ご苦労様でした。
コピー ~ RIMG0372

コピー ~ RIMG0359


ベトナムの正月

RIMG0318.jpg RIMG0329.jpg


今週初めからベトナムへ来ています。
2月7日がベトナムのお正月で6日は大晦日。
ここホーチミン(地元の人は戦争前のサイゴンと言う人が多いが)
は街中が大騒ぎになっている。
物凄い数の電飾の通りをバイクの洪水が流れていく。
まったくバイクの多さにはびっくりだ。
聞くところによるとサイゴンには800万人が住んでいて
バイクの数は600万台、運転の出来ない子供と年寄りを
除くほとんどの人が持っている計算だ。

そのバイク、正規のHONDAは2000ドルと高いが
コピーの中国製のHONDAは300ドルで買える。
若者のデイトはもっぱらバイクの後ろに女の子を乗せて
街を走り回ること、コーヒーが一杯2ドルなのにガソリンは
1ドル以下、だから2時間も3時間も走り回る。

道を横断するのは命がけだ、地元の人はバイクとの
阿吽の呼吸が分かっているが、馴れない旅行者には無理。
バイクの流れの中を泳ぐように渡る、と言う表現がピッタリだ。

新年年明け、夜中の12時から打ち上げるサイゴン河の
花火はワインの飲み過ぎで寝てしまい、見損なった。

今日から高原の町ダラットへ行きます。

クリメナウラモジタテハ

88.jpg


グアテマラにいた蝶です。
調べるとタテハチョウ科のクリメナウラモジタテハと言う
舌を噛みそうな名前の蝶でした。
羽の裏側に88の数字が現れるので現地では
オチェンタイオチョ、スペイン語で88の意味、と
呼ばれているそうです。
他に87とか89もいるそうです。
野球の背番号だね。


 | HOME | 

calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

monthly

categories

recent entries

recent comments

recent trackbacks

appendix

fudoki

fudoki

gallery fu do ki ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。