FC2ブログ

fudoki blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡金山

新潟港からジェットホイルで1時間、天領佐渡島へやって来た。
半日の観光なので何処へ行こうか悩んだ末、やはり佐渡へ
来たら「金山」でしょ、と言うことになりバスに乗り込み相川へ。

バスの終点にある観光案内所で電動アシストつきの自転車を借りる。
金山までの登りはきついがさすがは電動、楽チンだ。
案内所の女性が30分かかると言っていたが、なんと10分で到着。

早速入場料を払って坑道の中へ。
涼しい、いや寒いくらいだ。
江戸時代の採掘を再現してあって面白い。
人形の顔がリアル、鼻毛が見えそうだ。
つい先日、帚木蓬生の奈良の大仏を作る苦労を書いた
小説「国銅」を読んだばかりなので一層面白く見える。
そんな金採掘現場の様子です。

RIMG0482a.jpg RIMG0486a.jpg

RIMG0489a.jpg RIMG0494a.jpg


帰り道はずーーと下り坂、猛スピードで海岸まで一気に下った。
と、気が付いたらこんな看板が。
RIMG0509a.jpg
スポンサーサイト

奥の細道

RIMG0459a.jpg RIMG0443a.jpg

松尾芭蕉の俳句で有名な松島。
JRを本塩竃で降りて港に向かい、湾の中を
走る遊覧船に乗り松島へ行く。
50人は乗れる船にお客さんは僕だけ。
船長1人にお客が1人、観光案内も2人の
会話のようでおかしい。
先日の地震の影響でこの観光地でもキャンセルが
たくさん出たそうで、船長も困っていた。
「震源には遠く何の被害もなかったのに」と

船着場の目の前が伊達政宗由来のお寺「瑞願寺」
お寺の解説を読むと、始めは臨済宗の寺だったのが
後に天台宗のお寺になったそうで、宗派が変わることもあるんだ、
と少し勉強をした。

湾の中には260の島があるそうだが、見て感じるのは
えーーそんなにあるのかな?
その島にはいろいろと名前がついているが、どれも同じに見える。
2つ並んでいるから「夫婦岩」ちょっとイージーじゃないかな。


RIMG0455a.jpg RIMG0456a.jpg


200円を払って渡る赤い橋の欄干にカモメがとまっていた。
近づいても逃げない、カメラを向けるとポーズをとるみたい。
何もあげないでそのまま行こうとしたら「ギャ」と睨まれた。
さすがに観光地のカモメだ。

26-06-08_1938.jpg

松島まで来たので少し足を伸ばして気仙沼まで。
お目当ては「フカヒレ鮨」
写真もぼやけているけど味も、うーーーん。
やっぱりお鮨は東京で食べるもんだ。




またまたマラソンです

4月には長野マラソンを走り、今回は北海道です。
千歳JAL国際マラソンに出た。
RIMG0434a.jpg RIMG0435a.jpg

新緑の森の中を気持ちよく走るつもりが、実際は大違い。
雨、雨、雨、雨ーーーーーーー
42kのコースのうち35kが森の中の林道。
もちろん舗装はなし。
おまけにここ数日の雨で道には水溜りが出来てる。
泥濘に足を取られながら走る。
知らず知らずに足に負担がかかっていたようだ。
ほとんど登りの折返しまでを頑張って、さあこれから
下りあと半分だ、と思ったけど足が前に出ない。
雨に濡れて体は冷えるし、膝は痛くなるし。
廻りの人も歩く人が多くなる。
帽子を被らずTシャツだけの人は見るからに可哀想だ。
まるでインパール作戦の日本兵のようだ。

5時間を少し過ぎてやっとゴール。
靴はどろどろ、新品の靴下は両足とも穴が開いていた。
今まで何回も出ている人に聞いたら、こんなにコンディションの
悪いのは初めてだそうだ。
可哀想にと慰められ、また来年も来て下さい、だって。
でも、ハーフがいいかな。
RIMG0437a.jpg

札幌駅の階段を手すりに掴まりながらやっと降りた。
お疲れ様でした。

 | HOME | 

calendar

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

monthly

categories

recent entries

recent comments

recent trackbacks

appendix

fudoki

fudoki

gallery fu do ki ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。