FC2ブログ

fudoki blog

青函トンネル

本州と北海道をつなぐ海底トンネル「青函トンネル記念館」へ行く。
以前、八戸から函館に行ったとき、特急列車で通過はしたが
降りたことがなかった。
トンネルの中には「竜飛海底駅」「吉岡海底駅」の二つの
駅がある。確かに名前には「駅」がついているが
駅員がいる普通の駅ではなく、お客さんは乗り降りできない。
トンネルの中で火災などの事故が起こった時、避難などに利用する
防災施設の一種だ。
竜飛海底駅は一日の人数を限定して、事前に予約をすれば
3時間ほど降りて、地上の記念館を含めて見学が出来る。
列車も決められていて、「青森ー海底駅ー函館」
「函館ー海底駅ー青森」「函館ー海底駅ー函館」
の3コースのみ。
何故か青森からの往復がないのは、主催がJR北海道だからか?
CIMG0842a.jpg CIMG0851a.jpg

言われなければ、海の底なんてわからない。
とくに見るものはないけれど、普通は歩けない
トンネルの中を散歩できるのはそれなりに楽しかった。

地上の駐車場には東京足立ナンバーの個人タクシーが
停まっていた。まさか東京からお客さんを乗せてきたわけじゃないよね。
きっと、運ちゃん一家の家族旅行だ。
CIMG0854a.jpg CIMG0860a.jpg

線路の脇にある白いものは数年後に走る予定の新幹線用の
レールのための部品だ。
一本レールを敷けば直にでも新幹線が通過できる。
函館まではもう工事が始まっているが、その先札幌までは
どうなるのか?1兆円の費用がかかるらしいから、今度の
選挙で民主党が勝ったら実現は難しそうだ。
CIMG0872a.jpg CIMG0873a.jpg
新幹線が走るようになったら、この海底駅の見学もなくなるそうだ。
貴重な体験もあと数年、興味のある人は急いだほうがいいかもね。
最近は「鉄男」「鉄子」がけっこういるそうだから。


スポンサーサイト



 | HOME | 

calendar

« | 2009-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

monthly

categories

recent entries

recent comments

recent trackbacks

appendix

fudoki

fudoki

gallery fu do ki ブログへようこそ!