FC2ブログ

fudoki blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オホーツクの流氷

網走へ流氷を見に行きました。
女満別の空港に降りたら快晴の青空で
絶好の流氷見物日和。
と、思っていて港に着いたら何と、
写真の案内が出ていました。

CIMG2420a.jpg

先週は接岸していたようですが、風の向きによって
あっというまに沖合い数十キロに離れてしまうそうです。
船に乗るかどうか、すっごく迷いましたが、ここまで来たので
遊覧航海でもいいので乗船しました。
料金は流氷がないので800円安くなっていました。

それでも船は満員、ほとんどが団体のお客さんです。
台湾からの観光客も随分といました。


港を出て10分くらい沖に出たところで流氷の
残骸が浮いていて、みんなは大騒ぎをしていました。

CIMG2426a.jpg

ツアーの場合、今日のように流氷が見られなかったら料金はどうなるのでしょうか?




スポンサーサイト

冬のソウル

冬のソウルに来ています。気温は昼間でもマイナス7度と相当に外は寒いです。
昨年、ポジャギの展示会でお世話になった朴さんと一緒に南大門市場の中にある、
太刀魚の料理が有名なお店に行きました。
市場の細い路地を入った、ものすごく分かり難い場所にお店はあります。
お客さんのほとんどが市場で働いている人のようです。
入るのに列ができ、中はもちろん超満員。
入ると、店の構造が少し変で、2階に上がる階段の途中にまた部屋があります。
いわゆる中2階?、でもきっと途中から無理に作った部屋のようで
天井が低くて立って歩けないほどです、完全な違法建築!!
カルビスープの肉の代わりに太刀魚が入っているような料理で、メニューはそれと
卵の鍋だけ。だから座れば自然とそれが出てくるシステムです。
すっごく美味しかったです。
値段は1人500円でした。

CIMG2321a.jpg CIMG2319a.jpg

ソウルで一番賑やかな繁華街の明洞は朝から観光客で一杯です。
今回、目に付いたのは化粧品のお店の多いことです。
コスメブームなのですかね、ほんとうに軒を連ねている、感じです。
そこに日本人の若い女性が殺到しています。


NEC_0642a.jpg NEC_0643a.jpg NEC_0644a.jpg

今回初めてソウルタワーに昇りました。
東京タワーにも昇ったことがないのに、まあいいかと思ってのことです。
超高層ビルが林立するソウルの街が一望できます。
タワーにある男性用のトイレです。
外の景色を見ながら用をたすことが出来ます、女性のトイレには
きっとこんな設備はないと思いますが。

CIMG2348a.jpg CIMG2351a.jpg

ソウルから特急列車ムグンファ号で30分のところにある
古い城郭都市「水原」スウォンに行きました。
延長5kの石造りの塀が取り囲んでいる場所です。
山の頂上から眺めると、きれいに整った宮廷建築の屋根が
とっても美しく見えます。
駅前の食堂で食べたうどん付きの豚カツ定食が美味しかったです、
値段は400円、大体地元の人のお昼の予算はこんなものかも知れません。
比べると日本のお昼も安くなりました、デフレを感じます。
お金のことですが、指定席のムグンファ号の値段は片道210円くらいで、
びっくりする位安い値段です。駅のスタバでコーヒーと買って、350円と言われた時には、
とっても変な感じがしました。


CIMG2372a.jpg CIMG2371a.jpg

最後にまた食べ物の話ですが、明洞にある小籠包で有名な
DINTAIHUNG(鼎泰豐)は絶対にお勧めです、韓国で中華料理??と思うかも
知れませんが、兎に角安くて美味しいのです。

NEC_0656a.jpg

以上、ソウルからのレポートでした。

勝田全国マラソン

茨城県の勝田市(現在ははひたちなか市)で開催された
「勝田全国マラソン」に参加をしました。
今回で58回になる伝統のある大会です。
58回というとほとんどぼくと同じ歳、戦後間もない
ころから茨城の地方都市で始まったんですね。
すごい!! 始まったのも凄いですが、今日まで続けて
いるもの凄いですよね。

最近のマラソンブームで年々参加者が増え、今回は
10000人を超えるランナーが走りました。

アップダウンの少ない比較的平坦なコースを走ります。
景色が期待できない替わり、沿道にはたくさんの応援の人が
いて賑やかです。

レースの後半には豚汁をサービスしてくれたり、
大きな企業の門の前にテーブルを出してバナナや
チョコレートをくれたり、疲れた体に助かります。

で、結果は久しぶりのフルマラソン、それにお正月からの風邪で
練習が出来なかった影響か目標タイムには及びませんでした。
でも、5時間以内ではゴールしたので次回に期待が持てます。

完走の記念にこんなユニークなものをもらいました。
一緒に行った人に聞いたら、ここは乾燥芋の産地として
全国的に有名なところだそうです。


NEC_0599a.jpg

NEC_0602a.jpg

NEC_0605a.jpg

 | HOME | 

calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

monthly

categories

recent entries

recent comments

recent trackbacks

appendix

fudoki

fudoki

gallery fu do ki ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。