FC2ブログ

fudoki blog

レンテン族の村

ラオス北部山岳地帯の街ルアンナムタにある
レンテン族の村を訪ねた。

レンテンの人達と一緒に織の仕事をしている谷さんの
お客さんが遠く東京から来たということで大きな豚を一頭
神様に捧げて、たくさんの料理を振舞ってくれた。

当日は朝4時にホテルを出て、真っ暗で冷たい靄が
一面を覆っているなか、トラックの荷台に乗り村に向った。
一緒に行った建築家のNさんも寒さに震え、一言も発しない。


もちろん彼らとは言葉が通じないが、年配の人は漢字が
少し読める人がいて、筆談で名前や年齢を伝え合い、
その場の雰囲気が盛り上がった。

旅行に行き、少数民族の村を訪れることはあるが、
今日のように家の中で一緒に1日を過ごすというのは
希なことで、非常に貴重な体験をした。


CIMG4491a.jpg

CIMG4496a.jpg

CIMG4512a.jpg

CIMG4525a.jpg

CIMG4530a.jpg

かわいいこの子たちが豚を料理した
大きな鍋をきれいに掃除してくれます。

R1031366a.jpg




スポンサーサイト

さっぽろ雪祭り

今年も恒例のさっぽろ雪祭りが開幕した。
雪祭りのサイトにも書いてある通り、市内の3か所の会場で行われ、
200万人以上の人が見に来る、冬の一大イベントである。
最近は外国からのお客さんも多く、会場を歩いた感じでは
50%は外国人のような気がする。
歩いていると周りからは耳慣れない言葉が聞こえてくる。

ロシアからの観光客も多い中、「北方領土は日本の領土だ」の
署名活動をしている、なにもここでやらなくて、と考えてしまった。

今年の一番人気はなんと言ってもこの人、テレビ局がスポンサーの
巨大な雪像をしり目に、写真を撮る長い列が出来ていた。

CIMG4409a.jpg

韓国のブースでは韓国人の女性歌手がこの場に
不釣り合いの寒そうな衣装で熱唱していた。

CIMG4413a.jpg

さざえさん一家も人気がある。
CIMG4395a.jpg

これはうちのB君のお気に入りです

CIMG4422a.jpg

でも、素朴なこんなにも好きかも。

CIMG4407a.jpg

勝田全国マラソン

昨年に続き茨城県なかみなと市(旧勝田市)で行われた
勝田全国マラソン」に参加し、42.195kmを走った。

今回が59回目になる歴史のある大会で、今年も10000人以上の
ランナーが北西の冷たい風の吹きつける中を元気に走った。

59回目、というとぼくの歳とほぼ同じ、終戦直後の混乱の
時代によくマラソン大会が行われた、と感心をする。

で、日本のマラソンの歴史はいつ頃始まったのか、調べてみた。
42.195kmを走る現在のマラソンの形では
1946年の「毎日マラソン」がもっとも古く、
現在も「びわこ毎日マラソン」の形で受け継がれている。
「勝田マラソン」も元々は「読売マラソン」という名称だったので
その当時のマラソンは新聞社が音頭を取って開催されていたようだ。

しかし、一般にマラソンの起源と言われているのは、1855年
安中城主板倉勝明が侍の鍛錬の為に行った「安政遠足」
(えんそくではなくとおあし)である。
安中城をスタートして中山道を碓井峠頂上まで30kmを走る
行事だった。
今でも5月には安中市で仮装マラソン大会として続けられている。

当日の本人のマラソンは、予定通り!!!
4月の長野に備えての調整で、ランニングスタイルや腕の振りを
チェックしたり、4時間29分でゴール。
3月の荒川で最終調整をして長野ではサブ4を狙うつもりだ。
(でも、そんなに上手く順調に行かないのが現実かな?)
山あり谷あり、頑張ります!!!



 | HOME | 

calendar

« | 2011-02 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

monthly

categories

recent entries

recent comments

recent trackbacks

appendix

fudoki

fudoki

gallery fu do ki ブログへようこそ!